TALKING LIFE

バックナンバー
心はいつも PEACE & VICTORY ! 06.01.25 06:08pm
 今年はなんだか凄い天候が続いています。日本全国、特に北国は大雪で、本当に皆、気の毒な状態です。
 それもこれも、やっぱり地球の環境の悪化が原因なのかなー?
 まだまだ私にはわからないことだらけだけど、でもとりあえず自分にできることだけでもやらなくちゃ!と思う日々。
 そんな新年、今年も私の誕生日はやってきた。誰ももうここまで来ると、聞いてはいけないと思うのか、歳の数をダイレクトに聞く人はそんなにいないけど、だから最低限、自分はしっかり自覚しておかなくちゃ、自分の歳を忘れちゃいそーだ。
 1959年生れだから、今年で私はなんと47才。凄い、オババな歳まできたもんだと自分でもびっくりしちゃう!(笑)よくもまーという濃い数字。でも世界的に見れば、マドンナと同じ年、少し下だけど、女優のジョディーフォスターも黒木瞳さんも同じ世代。
 そう見ると私は女の40代っていいなー、かっこいいなーって思うわけ。
 大胆不敵!怖いものなし!って段階に来てる。私自身も今年に入って、25周年の企画を考える上でもこれまで萎縮してた筋肉を、グググー---ッ!と伸ばすような出来事が続いてる。人生ってなんて奇妙で楽しいんだろう!

 そんなことを思いつつ、先日なにげなく某ショップのガラスケースを眺めていたら、「うーこれは良いかも!」っていうアンティークの時計を見つけた。

 しかも時代が60年代!私が生きた時代と同じ分だけ、時を刻み続けている時計。

 ずーっと眺めているうち、なんだか自分の分身のように思えてきちゃって・・・・。ついに自分へのお誕生日のプレゼント!と思い、買っちゃった!ひさしぶりの衝動買い。
 そういえば、ロンドンに行った時、ちょうど30歳の誕生日だったので、自分で初めて自分の為に生れ月の誕生石、ガーネットのやっぱりアンティークの指輪を買ったっけ・・・・・。二万円くらいだったかな?それから毎年、ガーネットのなにかを買ってゆこう!と思ったけど、気に入ったのに出会えずそれっきりになってた。
 そんなこともあったから、今回の時計は即決断。こんな出合いはそうそうないもん。

 自分で時計のネジを巻かなくては動かない60年代の時計は、なんだか自分の人生そのものだ。「自分で巻かない限りは止まってしまう。」

そう白井貴子も自分で巻かなくては、いつでも終わり。
そんな現実を感じつつ、私はこの時計を手に入れた。

 誕生日の翌日、20日の夜、鎌倉にも雪が降った。
 シンシンと真っ白に降る雪は、私の25周年にまた「心真っ白にして一から頑張れ!」と言われているように思えた。

沢山の誕生日おめでとう!
みんなどうもありがとう!

FROM TAKAKO
←前の記事へ | 次の記事へ→
TAKAKO SHIRAI Official Fan Club Presents HEART COMMUNITY
  • ログインID(メールアドレス)
  • パスワード

花咲「HEART」メンバー募集中!年会費無料

SHOP

SHOP

SHOP

SHOP

CD | TAKAKO | RMG | R Africa | BOOKetc
FANTASTIC VOYAGE

FANTASTIC VOYAGE 歴史&プロフィール

地球と遊ぼう

地球と遊ぼう エコライフ

エッセイ | エコレシピ
大好評発売中!
涙河
きたやまおさむ ふりむけば、風
白井貴子×きたやまおさむ 特別対談/白井貴子が伝説の作詞家「きたやまおさむ」を歌う
みんなで応援、Flower Power
SAKURA SAKURA