TALKING LIFE

バックナンバー
2010・11・14 オバマ大統領 IN 鎌倉!世界一平和なお散歩! 10.11.14 05:23pm
朝9時起床、今日はオバマさんが鎌倉にやって来る!少しドンヨリしたお天気だけど、
雨も降りそうにない。どうしようかな~。見に行っちゃおうかな~?
少しだけ迷った末、やっぱり出陣することに!だってよくよく考えたらアメリカ建国、リンカーン大統領以来、そ~んなに良いと思った大統領はいないし、少なくともオバマさんはピキッと心に染みるメッセージをくれてる人だもの、マイケル級の人がすぐ近くまで来るんだから、少しでも近くに行かねば!・・・更なるこれからへの期待を込めて、長谷の大仏の方に向かってお散歩を開始した!
私の両親にも「これ以上の冥土の土産はないから元気もらいに行こう!」と声をかけた。近頃、日々ヨボヨボになる両親への親孝行も同時開催!(*^_^*)
鎌倉へ何度も来ている両親だけど、ゆっくりお散歩なんてしたことないからオバマさんのおかげでお散歩もできたってわけ。

午前11時、長谷に向かうごとに人が増え始め、全国から集まっているお巡りさんも右へ左へ駆けだしている!私服警官らしき人達もわんさか!何かあったのか!なんだかものものしい気配!
「どの道を通るのかな~?」「そんなの教えてくれるわけないじゃん!」
そんな会話をしつつ歩道を歩いていると、皆、口ぐちに「海の方から来るらしいよ!」
「いや、数日前から由比ヶ浜通りに、いつもはない花が飾られてるからきっとそっちだよ!」そんな憶測会話が聞こえてくる。
でも意外にも母が目の前を警備していた胸に京都府警と書かれた防弾チョッキを着たお巡りさんを見て話はじめた。
母 「凄い人で大変ですね~!あ~ら!あなた京都県警!遠くからご苦労さまです!懐かしいわ~!私、昔エジザベス女王が桂離宮へ来られた時、見に行ったのよ~!あ~でもあなた、若いからきっとまだ生まれないわね!ご飯食べた~?」と、国を挙げての厳戒態勢の状況の中、ほのぼのムード全快!(あ~やっぱり声をかけるんじゃなかった!^_^;)
私はそんな母を見て「ママ!お巡りさんは今、それどころじゃないんだから、ムヤミに話かけないで!大変なお仕事をしてるんだよ!」と会話を遮ろうとしたら、お巡りさんも高齢者に気を使ってくれたようで、少しよわり気味にも
「え~!朝4時から来ていますが、まだ何も食べてません!」
「あ~らかわいそうに!大変ですね~!」・・・・・。
こんな時も母はどこまでも母なのだ。恐るべし世界の母の愛!
私は内心、お巡りさんに「ご苦労様」とは言えても、「大変ですね~」とはとても言えないって思った。だって事を大きくしているのは、私達なんだから!ホント申し訳ありません!^_^;
そうこうしている間にも、まるで夏の花火大会みたいに海岸線の歩道は人人・・人。
そんな時だった!
どこからともなく声が上がった!「来た!」「来た!」「来た~!」
「うっお~スゲ~!長い列!絶対にそうだよ!」
間もなくして、私の前をまず日本のパトカー、そして白バイが通り、そしてピカピカのアメ車のシボレーワゴンがたて続けにビュー~ン!ビュ~ン!ビュ~ン!と凄い早さで通過した!
最初の車には小さな日本とアメリカの国旗がはためいている。(しかし凄い早さ!完全に速度違反!車線も真ん中走ってるし!しかも、お~そっちの小道は一通だ~!笑)
車の色は全て真っ黒で窓も真っ黒!オバマさんどころか、ほとんど中は何も見えない!多くの皆さん、国道で歓迎しようと思いきや、あっという間の出来ごとに、空いた口を何処に向かって閉めたらいいのやら・・。あ~!ん~!?・・・・。
それもそうでしょ~ここでゆっくり走ってたらキケンですもの!
「ここでオバマさんに何かあったら日本も大変だよね~。早く帰ってもらった方が安心だ!」と今度は父が警官にご挨拶。
あ~っという間の数十秒のオバマさん鎌倉通過ショー!
でもお巡りさんも手慣れたもので、落胆した皆の空気を察したのか、その後、拡声器で道路の上で注意事項!
「はい!もしも、帰りもご覧になりたかったら、この後、30分後くらいです!
その時も、また皆さん、物を投げたり、列を乱したり、キケンなことはしないでくださいね~」
予想以上の高速通過ショーであっけに取られていた思いが救われたかのように、どこからともなく笑いが巻き起こった! アメリカ側のテロを警戒している緊張感もよそに、地元住民に対してはな~んともほのぼのしたお言葉!あったかい、平和な空気に包まれた。
「日本人って本当に穏やかで控えめな、やさしい国民だな~!」私は心の底からそう思ってうれしくなった。
こんな日本人の気質は、黒船の時代からそんなに変わってないような気がする。
黒船が来た時も、龍馬やら、危険を予期していた人にとっては凄いことだった
だろうけど、最初、多くの国民はこんな感じだったのかもしれない。
それを思うと今回は黒船ならぬ、ミニミニ黒車来襲!太平洋をバックに私の前をあっという間にオバマ大統領は駆け抜けた!
私はオバマさんが通過する少し前から、カフェに座り写真を撮った。
来春、日本とアメリカで公開が予定されている映画「TAKAMINE」のフライヤーをオバマさんに届けるような思いで!
120年前、アメリカに単身渡り、素晴らしい発明を成功させ、その成功の力で6000本もの桜をアメリカに咲かせた男。「愛と平和を」を誰よりも望んだ男。
「私がその映画の主題歌「SAKURA SAKURA」幸せの架け橋を日本とアメリカの子供達と歌いますから、来年ワシントンに桜が咲いた時、オバマ大統領!是非、映画を見てください!そして歌も聞いてくださいね!」
そんな思いを込めて!
帰りも同じくビューン!ビューン!と彼らは通り過ぎた!
異文化コミニケーションの竜巻が通過した鎌倉の海岸を後にする人達のおしゃべりも盛り上がる!

「そういえば、知らない黒人の人が窓開けて手を振ってたよね!」
「オマエじゃない!オマエじゃないよ~!」「会いたいのはオバマさんなんだから!」
「あれノッチだったんじゃないの!?」爆笑!
「あの道、きっとこれから名前付くね!」
「オバマ逆走爆走記念小路!」(^O^)/

今日のお散歩は「世界一平和なお散歩」だった。
世界中の国でこんな平和なお散歩がずっとできるようにオバマさん!そして世界のリーダーの皆さん、ひとつ,どうぞよろしくお願いします!

From  TAKAKO 

写真:「祝!アメリカフィルムマーケット出展!世界の映画ファンの皆さん!清き一票をよろしくお願いします!」
(フライヤーはその時のアメリカ向けのもの)
※12月31日、高峰譲吉さんの故郷、金沢でのカウントダウンライブに出演も決定しました!
 
←前の記事へ | 次の記事へ→
TAKAKO SHIRAI Official Fan Club Presents HEART COMMUNITY
  • ログインID(メールアドレス)
  • パスワード

花咲「HEART」メンバー募集中!年会費無料

SHOP

SHOP

SHOP

SHOP

CD | TAKAKO | RMG | R Africa | BOOKetc
FANTASTIC VOYAGE

FANTASTIC VOYAGE 歴史&プロフィール

地球と遊ぼう

地球と遊ぼう エコライフ

エッセイ | エコレシピ
大好評発売中!
涙河
きたやまおさむ ふりむけば、風
白井貴子×きたやまおさむ 特別対談/白井貴子が伝説の作詞家「きたやまおさむ」を歌う
みんなで応援、Flower Power
SAKURA SAKURA