TALKING LIFE

バックナンバー
キャンドルナイトを忘れない! 11.03.22 08:20pm
東北・関東大地震で被災された皆さんに心よりお見舞い申し上げます!
2011・3・11「キャンドルナイトを忘れない」

花咲「HEART」の皆さん!
今、私はニッポン放送で今回、最終回を迎える「遊ぼう!楽しもう!地球の音」の編集を終えて、鎌倉への帰路、電車の中です。
 3月11日の地震のあの日、私は都内で「SAKURA SAKURA」のCDジャケットの打ち合わせに向かうため電車に乗っていました。横須賀線保土ヶ谷駅手前で突然キキキキッ~と大きな音と共に縦に横に揺れながら,それでも前へとGがかかるような感じでゴゴゴゴ~っと急停車!
最初「何が起きたのか!」とビックリしましたが、それが後、こんなにも大きな地震だとわかり、日に日に災害の悲惨な状況を知れば知るほど、頭の中に大きな白い空白というか、それまでとは確かに違う自分がいるというか・・・。そんな特別な感覚に襲われています。
地震の後、1時間ほど電車の中で待機した後、線路に降りて桜木町まで歩きました。
「どれだけかかるんだろう?」と心配でしたが、渋滞する車を追い越しながら、沢山の人が、まるで河のように前へ前へと黙々と歩く勢いに乗って歩いたら1時間もしない間にみなと未来の「ランドマークタワー」が見え、野毛「HANA*HANA」に到着。
幸いにもホンチが車で渋滞の中、鎌倉から迎えに来てくれて(4時間もかかったらしいです。)無事帰宅。
その日、沢山の皆さんが「帰宅難民」ということで家に帰れない中、あの時、東北では一瞬にして何千人もの皆さんが亡くなられたなんて、今でもとても信じられません。
 あの日、電車に閉じ込められた保土ヶ谷を、今、いとも簡単に通過しました!
あの、あの電車が止まった瞬間に、日本の現状、もっと言うならば、世界の動きが変わったというのに、たった一週間で、今、あの時点をいとも簡単に追い抜いてゆく。
「これまでと同じような速度で生きていいのだろうか?」そんな思いが心過りました。
 あの日、携帯の地震速報が車内に鳴り響き、ゆらゆらと余震に揺れる車内、車窓からは、いつものように悠々と空を飛ぶ鳥が見えました。
 「私に、今できることは何か?」
天国へと旅立った多くの皆さんのご冥福を心よりお祈りし、今夜、最終回を迎える「白井貴子の遊ぼう!楽しもう!地球の音!」を横浜「野毛HANA*HANA」から、せいいっぱいお送りします。
皆さん、どうぞ被災地へ応援の気持ちいっぱい、是非聞いてください!
そして、被災地住所の皆さん!どうぞ頑張ってください!
 これからは、あの日を思い、できる限り「キャンドルナイト」で節電!そして、明日へと頑張りましょう!フレーフレー東北!
 皆の無事を祈りつつ書いた昨夜のダイヤリーより
                         FROM TAKAKO
←前の記事へ | 次の記事へ→
TAKAKO SHIRAI Official Fan Club Presents HEART COMMUNITY
  • ログインID(メールアドレス)
  • パスワード

花咲「HEART」メンバー募集中!年会費無料

SHOP

SHOP

SHOP

SHOP

CD | TAKAKO | RMG | R Africa | BOOKetc
FANTASTIC VOYAGE

FANTASTIC VOYAGE 歴史&プロフィール

地球と遊ぼう

地球と遊ぼう エコライフ

エッセイ | エコレシピ
大好評発売中!
涙河
きたやまおさむ ふりむけば、風
白井貴子×きたやまおさむ 特別対談/白井貴子が伝説の作詞家「きたやまおさむ」を歌う
みんなで応援、Flower Power
SAKURA SAKURA