TALKING LIFE

バックナンバー
白井貴子デビュー35周年突入! 15.11.01 04:00pm
 今「僕らは大きな世界の一粒の命」が生まれた
南伊豆の森「マーガレットグラウンド」にいます。
秋風を受けて色とりどりの枯葉が舞い、大地には沢山のドングリの実。
この命の全てが芽を出すことはない。
きっと半分もないでしょう。
全ての夢が叶うわけではない。
それでもコンコンと実を結ぶために大地へと進ん
で行くことの素晴らしさを自然は教えてくれ、
私に大きな「勇気という力」を与えてくれます。
これから私も私にとっての「音楽という大地」
京都へ向かいます。

 11月1日、私のデビュー35周年の日、うれしいことに母校の京都女子高校の「ホームカミングデー」の講演に呼んでいただきました。
受験勉強で頑張りすぎたのか、いい高校に入ってしまい、なので在学中はいつも落ちこぼれ寸前。
そんなハラハラな気持ちを吹き飛はすように一人よく歌っていた私が今へと続いています。

 熱い応援をいただきデビュー35周年を迎えることができます!
本当にありがとうございます。

 年を重ねるごとに皆さんへの「感謝」の二文字がド〜んと、でもやさしく心の中に広がっています。
同時に、時の流れの速さへの驚きはまさに「エコ&ロック」。

 先日、エンタメニュースで「BACK TO THE FUTUER」の未来は今「2015年」という話を耳にしましたが、
人生はもしかしたら誰もあの《白い翼の車》に乗って時を駆け抜けるようにあっと言う間!
いや、もしかしたら「宇宙全ての時」は「一瞬であり永遠なのかもしれない!」と「生きている時」
の不思議を感じてしまう今日この頃です。

 でも、そういえばこんな境地を以前、歌にしたことがありました。
アルバム「地球」の「最初で最後のメッセージ」に書いたんでした。

 あれは25周年の時。節目の時に必ず巡り来る思い。
 20代の頃「今の自分よりも、もっと豊かな自分に会いたい」ともがき、まだ見ぬ未来へと背伸びした
「NEXT GATE」は「心の年輪」だったのだと「今」気づきました。

 心に年輪を刻むように「次のステージ」へと向かいます。
Going To 「NEXT GATE 2016~2017 」

「35周年への前夜祭」を京都の都雅都雅で2DAYS開催します!
 2013年、フォーククルセダーズの北山修さんより「僕の歌を未来に歌い継ぐ歌手に!」との光栄なお話をいただき
「あの素晴らしい愛をもう一度」など大好きな北山さんの歌を自分の歌として歌うありがたい日々は続いています。

 北山さんと新曲も共作中!2016年「白井貴子・きたやまおさむを歌う」というニューアルバムをリリースします。

 ずっと「古都ツアー」をやりたいと思っていました。10代までは童謡やフォークソングを聞いて育ち、
幸か不幸か、ティーンエイジの70年代は京都で「洋楽」一筋になり後「ロックの女王」とまで呼ばれるようになった私ですが、
88年憧れのロンドンに2年間住んだことで、あらためて「私は日本人だったのだ」と強く気づいて以来
「失くしてはならない日本人の和の心、平和の心」を身につけたいと鎌倉に拠点を移し新たな「夢」を描くように創作活動を続けていました。

 北山さんとのうれしいご縁をいただいたことで、フォーククルセダーズが生まれた街であり、
血気多感な青春時代を過ごした京都があらためて「心のルーツの土地」として大切になってきました。
 
 音楽の姿、形は随分と変わりましたが、皆さんの暖かい追い風がある限り「走り続けていたい!」私です。

 35周年へと皆さんと共に乾杯!

11月14日の鎌倉「おうりんどう」、京都「都雅都雅」へのお越しを心よりお待ちしています!

2015年10月31日      白井貴子 
←前の記事へ | 次の記事へ→
TAKAKO SHIRAI Official Fan Club Presents HEART COMMUNITY
  • ログインID(メールアドレス)
  • パスワード

花咲「HEART」メンバー募集中!年会費無料

SHOP

SHOP

SHOP

SHOP

CD | TAKAKO | RMG | R Africa | BOOKetc
FANTASTIC VOYAGE

FANTASTIC VOYAGE 歴史&プロフィール

地球と遊ぼう

地球と遊ぼう エコライフ

エッセイ | エコレシピ
大好評発売中!
涙河
きたやまおさむ ふりむけば、風
白井貴子×きたやまおさむ 特別対談/白井貴子が伝説の作詞家「きたやまおさむ」を歌う
みんなで応援、Flower Power
SAKURA SAKURA