TALKING LIFE

バックナンバー
感謝還暦!「令和元年」からスタート! 白井貴子「PEACE MAN CAMP」 19.04.30 08:30pm
「令和元年」ついに幕開けですね!
先日、恒例の京都「都雅都雅」4月27日・28日のライブを無事終了!
平成最後のライブを沢山の皆さんと締めくくることができて、まさに「感謝還暦」な夜となりました。
年号の変わる大変な時、本当に沢山の皆さん大応援ありがとうございました!
いただいたリクエストにもなるべくお答えするよう頑張ったつもりですが、できなかった曲はまた、次回に繋いでゆきたいと思います! 

 今回は還暦記念で私が生まれた1959年から70年代・80年代と時代を追っての特別企画!という感じの夜でした。
企画した私が言うのも手前味噌ですが、リハーサル音源を聴いた段階から
「これぞまさに音の歴史!音楽は時代と共にあるんだな〜」と実感!
自分の歌のバームクーヘンを作ったような気持ちになりました。
この先も丁寧に紡いでゆけば40周年はも〜っと美味しいバームクーヘンになるかも!(笑)。
そんな風に喜んでいただけるよう「令和」も歌える限り頑張ります!

 桜の花びらが大地を染め、東〜西日本では命の息吹をバトンタッチするかのように若葉の緑も芽吹き始めました!
ダイナミックな自然の移ろいに感動!
そんな生命の息吹輝く空へと鳥が羽ばたく瞬間を見るたび「やる時はやらなくっちゃ!」って思います。
さて!そんな勢いで、今年は大原だけでなく、私がこの20年大切にしてきたマイキャンプ場「南伊豆マーガレットグラウンド」
をファンの皆さんに開放させていただくことと相成りました!

 長年、海も間近な森「南伊豆マーガレットグラウンド」へ時間の許す限り通い野宿?!(笑)
のような感覚で自然の下に向かいました。
でも、この5年ほどは母の介護の上に一昨年からの叔母の難病発病とW介護生活が続いたため、
森に急に行けなくなり一時はもう森を手放した方がいいんじゃないか!?と思うほどの時期もありました。
でも昨年、介護の甲斐もなく6月に叔母が他界。
母はもう現在ほとんど歩けない状況ですが、でもありがたいことに沢山の介護の方にカッチリ面倒見ていただくことができ、
その分、ALSと認知症で人のほとんどの機能が失われたかのような恐ろしい状況だった叔母の介護に費やした、
あの時のあの気力と体力と時間を思えば「なんでもできる!」
そして、「叔母の亡くなった命と歩きたくても歩けない母の分も頑張らなくちゃ!」と思い直し
「感謝還暦&令和元年」を機に一気に動き出すことにしました!
詳しくは、写真の所の詳細を見てくださいね。5月4日(京都大原)6月1日・2日静岡県の南伊豆です。

 多くの皆様のご協力でどうにか体制を整えることができ、今回の開催に至ることができたこと、本当に感謝還暦です!


—————————————————————————————————————————————————————————————————— 
 デビューして38年。
山あり谷ありのこれまでですが、でもきっとこの森に出会っていなかったら「ミュージシャン白井貴子」は
とっくの昔に消えていたかもしれない!
そう思えるくらい私に「生きる希望と喜び、歌うことの素晴らしさ」を教えてくれたのが南伊豆の
「マーガレットグラウンド」でした。

 また、今年に入り日本で「引きこもりの人」が60万人以上もいる!ということを知り驚きました。
その親が80代と言うことで「6080」問題という言葉も生まれるほどに社会問題になっているそう。
まさに私達の世代じゃ〜ないですか!

 一度しかない人生、せっかくお母さんが体を痛めて産んでくれたのに、働き盛り、一番日本のエンジンに
ならなくてはいけない世代が外に出ないなんて、な〜んてもったいないことでしょう!

 だからこそ「令和元年から始めよう!」日本の厳しい現状が私に更なるターボな力をくれました。

 こういう状況に感応するのがクリエイティブ&アーティストの仕事だと思うし、また私のこの思いを
受け止めてくれるファンの皆さんの応援が本当にありがたいです。

 現代の街の生活は、ストレスも生まれやすくネット社会になって便利さの裏で大変なことも多いけど、
でも、私たちの空気を作り命を維持してくれている「地球」その多くは素晴らしい感動に満ち溢れています。
自然の息吹の下へ、少しでも多くの皆さんに来てもらえることが、少しでも、そんな大問題を軽減する
メッセージにも繋がることを祈って止みません。

 そして、かつて私が「心身共にボロボロになった時、大自然に助けてもらった」ように、自然を知れば知るほど
多くのみなさんにとってもきっと自然の神様は皆を平等に助けくれる!と思います。


——————————————————————————————————————————————————————————————————————
 先日「マーガレットグラウンド」から徒歩1分の日本の「渚百選」にも選ばれている美しい「弓ヶ浜」で、
風に流れ浜に打ち上がった海藻をいただいていた時の事です。

 素敵な初老のご夫婦近から「それは何ですか?」尋ねられました。
私は「ワカメです!」と喜んで答えました。
内心「やった〜!」っと感動!

 なぜって、こういう私も15年ほど前までは「それ何?食べられるんですか!?」
と聞いていた人だったからです。
歳上の人に伝えることができる日が来るなんてエッヘン!(笑)

 そのワカメを一生懸命、干しては取り込み、干しては取り込み日干し。
「干しわかめ作るのも手間暇かかるんだな〜」と実感。
ワカメはその後、まるで「剣」のようにピ〜ンと乾燥。

 でも、また、そのワカメを再び水に戻した時にビックリ!
浜で最初に出会った時と同じように美しい姿に戻ったから(笑)ん〜いい磯の香り!
「すごいな〜。さっきまでカラカラだったのに!(汗)まか不思議!!」
しかもいただいてみたら更に驚き!素晴らしく美味しい!
何十年とスーパーで干しワカメを買って来ましたが、それより何十倍も美味しく感じるのはどうしてなんだろう!?

 それは素材そのものの味もさることながら「フォードバック」の力なのだと気づきました。


—————————————————————————————————————————————————————————————————
 音楽で「フォードバック」という言葉をよく使います。
ギターで「ジャーン」と弾いた音をフィードバックさせると何十倍も大きく「ジャジャジャジャ〜〜〜ン!」と響く。
大きな効果が生まれます。
20代の頃から「もっとそこフィードバックかけてみてよ!」な〜んて偉そうにホンチや南さんに注文してきた私ですが、
英語の「Feed」 とはペットに餌を与える時などによく使われる言葉で
「食べ物を与える」つまり「栄養を与える」というのが本来の意味。
栄養がバックしてくるんですから、だから2度美味しい訳!
自然を知ることがどうして大切かと言うと、自然に遊べば遊ぶほど、その時の感動が再び自分に
「フォードバック」して、幸せが倍増!
苦しい時の自分の心の力になるのです。

 私はこんな自然界の全ての営みを、実は密かに「神様の水遊び」と呼んでいます。
だってずっと自然を見ていると、そこここに起きる全てが「神様の遊び心」のように見えて仕方がないんです。
(また、それを見つけた時は拍手喝采!笑)
例えば先週まで確かに木に沢山椎茸があったのに〜!?雨が降って消えちゃった!?

 先月まで落ち葉だった場所が春になると黄色い可憐なタンポポがいっぱい!
食べたものも体の中で消えて、それが自分の力になる。ど〜考えても不思議。
フィードバックの嵐!(笑)

 自分でワカメを浜でいただいたことで、私は一気に何度も「フィードバック」のお恵みをいただくことができました。
あの手間暇も全て喜びに変わる瞬間です。
「人間の命」もそんな「神様の水遊び」の一貫に思えてなりません。

「みんないつか消えて無くなる」それだけが消えない事実なのかもしれません。


————————————————————————————————————————————————————————————————
 私はこの30年くらいテレビやラジオのお仕事に恵まれ、その後いただいた素敵なご縁の旅の中で
「またぎ」のお父さんや、お米を丹精込めて作っている人や、一生懸命「森や河や海」を整備している人や、
船で世界の海を渡ることを夢見て必死に木を切り出しカヌーを作っている人など、沢山の自然と
向き合っている人達に出会って来ました。

 その全ての人に共通するのは「みんな自然の力に魅了されている!」ということ。
瞳の輝きが教えてくれています。この喜びはお金では手に入らない大きな幸せです。
勿論、今の時代、どんな山奥でも最低限のお金はどうしても必要かとは思いますが、でも、それ以上に
「自然と共に生きる」ことの「何ものにも代えがたい幸せ」をみんな知っているのです。

 「一度しかない人生」を思うと、私はそんな「地球の民」になりたい!
と思いこれまで自然と接して来ました。音楽をやるより前に「人間」としてとても大切なことだと信じて。
 
 そして、自分の音楽やライブを音楽業界の状況がどんなに変わろうと楽しくできているのは、
そんな自然の力が私の体にフィードバックしてくれているからだと感じています。
 勿論忘れてはいけない、ファンの皆さんの応援も私にとっての大きなフィードバックの力です!

「PEACE MAN CAMP」はそんなスタンスを、今度はファンの皆さんと、そして願わくばファンの皆さんが
支える子供達世代のみんなにも参加してもらい育て幸せを見つけ守るキャンプです。

 私と一緒に「地球と遊ぼう!」
白井貴子 プロデュース「PEACE MAN CAMP」でお会いしましょう!

 もう一つ、皆さんに大々的にお伝えしたいことがありますが、連休明けにまた、お伝えします!
どうぞお楽しみに!

白井貴子


「白井貴子 公式オフィシャルファンクラブ HEART より」

 
南伊豆の宿「弓ヶ浜クラブ」は少し古い施設ですが、杉並区が運営する公共施設で南伊豆で一番リーズナブル、
かつマーガレットグラウンドに近く、古き良き時代の「臨海学校」で行く学校のような感じの素朴な施設です。
(また杉並区の皆さんは、他の地域の人が羨むほど驚くほどお安くなりますので、是非ご連絡ください。)

 初日の朝は、遠くからご参加の方は到着できない時間かもしれませんが、午前中は地元の皆さんへのご挨拶〜短いシンポジウムのような時間で、入場無料とさせていただきますので、午後からの参加でもかまいません。

 お昼から「PEACE MAN CAMP」本番という感じで来ていただいて
も大丈夫ですので、安心して皆さんふるってご参加をお持ちしています!
次の記事へ→
TAKAKO SHIRAI Official Fan Club Presents HEART COMMUNITY
  • ログインID(メールアドレス)
  • パスワード

花咲「HEART」メンバー募集中!年会費無料

SHOP

SHOP

SHOP

SHOP

CD | TAKAKO | RMG | R Africa | BOOKetc
FANTASTIC VOYAGE

FANTASTIC VOYAGE 歴史&プロフィール

地球と遊ぼう

地球と遊ぼう エコライフ

エッセイ | エコレシピ
大好評発売中!
涙河
きたやまおさむ ふりむけば、風
白井貴子×きたやまおさむ 特別対談/白井貴子が伝説の作詞家「きたやまおさむ」を歌う
みんなで応援、Flower Power
SAKURA SAKURA